りきたんのお誕生日まで あと 日です 


2006年12月23日

☆明日はクリスマス会☆

クリスマス明日 クリスマス会をUPしますクリスマス

(イヴだけど・・・(^^;)







我が家もツリーを出しました♪


悪さされるのでコレだけなのです(号泣)




つりー.gif

小さいけどキレイなのでお気に入り♪♪♪
(ホントはチカチカじゃなくて ぼわーって色が変わりますw)




line.gif

尚 本日のメインは追記に記載しております




りきままに個人ついての内容です



ヘタクソな長文ですが

今までの記事の補足と これからの記事の予備知識として

目を通していただければ幸いです




line.gif

りきままの「無気力病」についてお話します


いつもご来訪やコメントを頂き本当に嬉しく思っておりますが
更新や訪問などが滞ることもあり ご迷惑をおかけすることもしばしばです

それから「りきたん改造計画」では色んな事を並行してさせているので
「可哀そうじゃないの?」という意見をお持ちの方がいらっしゃると思います


そこで 自分について今まで以上に詳しく書こうと思いました




誰しもやる気が出ないときはあると思いますが
りきままの場合 明らかに社会生活に支障をきたす位の無気力になる時があります


外出はもちろん お風呂に入れなかったり電話も取れなかったりします




問題なのは りきの事で 今まで虐待とも思えるような事を数々してきました

最低ペットを飼う為にしなくてはいけない事・・・
「ご飯」と「トイレ」ではないでしょうか?
もちろん他にも必要な事はたくさんありますが
生死に直接関わるのは 「ご飯」と「トイレ」だと思います



私が無気力になった時・・・


りきのご飯は何とか与える事が出来ています
それは自分が食事をする時に一緒にあげれるのです

お水は変える事ができず 大きい器に入れていますが
空っぽになってから補充する事もしばしばありました



最大の問題はトイレで

以前 天蓋付のトイレを使用しておりましたが
天蓋を開ける気力が沸かず 1週間近くほったらかしの時がありました

そこで 天蓋を止め トイレの中が見えるようにしました
少しだけ掃除できるようになりましたが
それでも2.3日ほったらかしの時がありました

以前の記事の通り 洗面所の前に置いてましたが
無気力の時は歯磨きや洗面も出来ない為
りきのトイレを見ることすら ままならなかったのです

そして 1週間掃除不要の「にゃんとも清潔トイレ」を購入しましたが
りきはいきなり木の砂に変わったことが気に食わなかったようです
早く使って欲しい思いばかりで
徐々に慣らす事をせず結局お蔵入りになりました

そんな時
キャットトワレを人間用トイレに置いている写真を とあるブログで拝見し
これなら! と思い購入しました
前回の反省を活かし 徐々に・・・本当に気長に待ちました

緊急の記事を先にUPしてるので 遅くなっておりますが
今では人間用トイレの中にキャットトワレがあります

12月前半に無気力になり ブログをお休みしていましたが
どんなにやる気がなくてもトイレには行くわけで 行くと必ずキャットトワレが目に入ります
「自分は水を流すだけなのに りきは・・・」
そう思うと掃除せずにいられなくなり
この時初めて ちゃんとトイレの世話が出来ました




「りきたん改造計画」を色々とやっているのは そう言うわけなのです
当たり前のことが出来なくなる時がある・・・だから りきにも協力して欲しい・・・

このままでは病気になる可能性がかなり高いと思います
先代にゃんこも私のせいで死なせたと思っています


一辺に色々させて可哀そうなのですが
このままの状態の方がよっぽど虐待だと思い 色々工夫しています


本当に猫が大好きで 虐待するつもりなんてありません
ただ 私の体質では結果として虐待になるような事が多いのです
「飼う資格がない」「誰かに育ててもらおうか・・・」
と考えることもしばしばですが
勝手で我が侭ゆえ それも出来ません


「りきたん改造計画」は
可哀そうな思いを少しでも減らせるように努力している記事です



花粉症の人は時期になるとマスクを用意したり対策します
私は無気力になった時のために対策を練っています
りきの健康にだけは影響がないように・・・



また お休みする時があると思いますが そういう体質なので
いつものこと・・・と思ってください



言い訳じみた記事ですが
コレを書けば私の気持ちが楽になると思った次第です

申し訳ないですが
読んでいる方のことを配慮して書くほどの文章力がありません


尚 「体質」と言う言葉を多用していますが
病名が分からないのでそのような表記にしました




勝手ながら この記事に関してはコメント及びトラックバックを受け付けません
暖かいお言葉をいただいたとしても お返事が出来ないからです

個人的にお話がある方はメールをお寄せいただければと思います
ただ 自分でも今の現状を考えると辛いので あまり手厳しい内容はご遠慮いただきたく思います




勝手な記事で 本当に申し訳ございません
訳の分からない長文にお付き合いいだたき 本当にありがとうございます


りきままより



ニックネーム rikky at 07:54| dairy. | 更新情報をチェックする